That’s right.


「TOKYO」における楽しみ方の提案 

死ぬ日をゴールと想定し

gameは始まる。

いかに楽しんでいるかを他人と競う”Racing game”も良いだろう。

他人を幸福にすることを目的とした”role playing game”も楽しいだろう。おせっかいかもしれないけども。

すぐそばにいる誰かと“Real time strategy game”に興じるのも楽しいに違いない。

ただ、どんなgameであれ、楽しむには、教養が必要だと思う。

楽しむには、仲間も必要だ。

そしてお金も必要だ。しかし、私たちは、時間を売るることはしない。打合せ無料。
改善を繰り返す忍耐力があります。

仕事もgameだ。終わるまで楽しめるように工夫をする。そのほうが作る側が楽しいから。

そんなポリシーのwebサイトなどweb周辺の代行事務所です。

webサイト制作も請負います。

気軽にお問合せください

    コメントは受け付けていません。